任意売却のメリット5つ

メリット1:市場価格に近い値段での売却が見込める

競売のように安値で売却されるのではなく、物件所有者である相談者(借主)様、債権者、買主の話し合いにより価格が決まりますので、より市場価格に近い価格で売却できる期待が持てます。

メリット2:手持ち金の持ち出しがない

不動産を売却するときに必要な費用が決済時の為、 今すぐの負担が軽減されます。
※不動産会社への仲介手数料、抵当権抹消等の登記の費用、滞納分の管理費・積立金(マンションの場合)、滞納分の固定資産税・住民税など

メリット3:近隣に知られる事なく売却できる

競売になりますと、裁判所のホームページや業界紙などに情報が掲載されます。 また、配慮のない業者による調査や近隣への聞込みの為に情報が近隣に漏れてしまう可能性が有ります。 任意売却の場合は裁判所を通さずに売却しますので近隣に知られることも防げます。(一般の売買と同様です)

メリット4:手元にお金を残すことが出来る

競売になりますと、特別な場合を除いて手元にお金が残る可能性が極めて低く、任意売却の場合は債権者との交渉により、 引越し費用や当面の費用など捻出できる可能性が有ります。

メリット5:残った債務の整理が可能

任意売却は債権者との話し合いによる合意の下で売買が行われます。したがって残った債務については相談者(借主)様の収入状況や生活状況を十分考慮した現実的な返済方法となるよう相談ができます。

任意売却のデメリット3つ

デメリット1:手続きや交渉の負担がある

競売の場合は、物件所有者である相談者(借主)様が何もしないでも、 債権者が裁判所を通して強制的に進めていきます。ー方で任意売却の場合は金融機関(借入先)や保証人との交渉、各種手続き、購入希望者の物件の内覧への対応などの負担があります。これらの作業のすべてを相談者(借主)様側で行う事は非常に困難です。信頼できる任意売却の専門家の協力を得るべきでしょう。

当センターでは皆様方の負担を出来るだけ減らし、尚且つ少しでも良い条件で任意売却が成立するようにお手伝いさせていただきます。

デメリット2:債権者や保証人の同意が必要

銀行や信用金庫或いは保証会社などの金融機関によっては任意売却の同意が得にくい場合があります。
例えば、借入残高に対し売買予定金額の方が低い場合、また、保証人が居る場合も同様です。 同意を得られない場合は競売を選ぶしかありませんが、当センターでは経験豊富な相談員が債権者、保証人と粘り強く交渉致します。

デメリット3:価格の折り合いが付かないケースがある

任意売却では競売よりも高い価格での売却が望めますが、それには債権者の貸付残金を完済できる価格での購入希望者を見つける事が必要となります。買主が見つからない場合は任意売却が成立しないケースも起こりえます。当センターでは不動産業の豊富なネットワークを活用して任意売却が可能になる購入希望者をお探しします。