任意売却とは

任意売却とは、簡単にご説明致しますと住宅ローンの支払いが困難な状況になった時に、何もせずに金融機関より競売申し立てをされる前に物件所有者である相談者(借主)様が自らの意思で不動産を売却する事です。

 

任意売却の一番のメリットとしては競売では、 一般的に市場価格の6割から7割程度の価格で売却されると言われておりますが、 任意売却では市場価格に近い価格での売却が可能だという事です。 その他にもたくさんのメリットがあります。


その反面、 デメリットとしては物件所有者である相談者(借主)様の一存では行えず、 債権者や保証会社(保証人付の場合は保証人)の同意が必要な事、 同意を得て決定した価格で不動産を購入していただく買主様を見つけないといけない事など一人ですべてを行うのが困難なことがあげられます。

そこで頼りにしていただきたいのが任意売却に精通した愛媛県任意売却コンサルセンターの相談員です。 相談者(借主)様のお悩みを理解して問題解決に向けて最善の提案とその実行をお手伝いさせていただきます。 言うまでもなくプライバシーは厳守いたします。